面接が最も大事です

 就職を考えてる方へのアドバイスを、就職経験者の立場から言いますと、あまりにくだけた感じで就職というものを考えているのはまずいですが、だからといってガチガチに固くなって難しく考える必要は全くないと思います。

 

 確かにアルバイトとは会社から求められる仕事の量と質には歴然とした差がありますが、今でこそ面接する側の面接官でさえも、最初は会社も社会もほとんど知らなかったはずで、就職活動をしている方と何も変わらなかったと思います。ですので、まずはあまりに難しく考え過ぎてガチガチに緊張しているような場合には、もう少しリラックスして下さい。そうでないと、面接でもいい印象をもってもらうことは出来ないと思います。

 

 例えば、実際に会社に入り仕事を頼んだときに、その人がプレッシャーからかあまりにも緊張し過ぎて、まわりが何も見えなくなっていたとしたら、上司からの評価は悪くなるだろうし重要な仕事を任される機会すら無いかもしれません。

 

 面接では、そういった実際の業務を安心して任せられるかどうかを見ていることが多いと思われるからです。アイディアや企画力などそういったことは、業務を実行出来たうえでのことです。

 

【関連情報】
高校を中退してからの就職
高校中退者の就職は難しいです。就職を勝ち取りたい方はこちら!

 

 就職活動での最難関の面接では、面接官を自分の上司と仮定し、その場をミーティングをしているとシミュレーションしながらだと、ガチガチになり過ぎない程度のいい意味での緊張感を持ってのぞめるのではないかと思います。就職において最も重要なポイントとしては、面接をどう突破するか、これにかかっていると言ってもいいと思います。