転職のリスクについて

 転職にもさまざまな理由によるものがありますが、大きく分けると積極的な理由によるのもと消極的な理由によるものに分けられるのではないでしょうか。いずれにせよよく計画してから行動にうつさなければ、大きなリスクをともないます。

 

 積極的な理由による転職とは、いままでの職務経験やこれまでに構築してきた能力を土台にして、さらに成長できる環境に身をおいてチャレンジしようとするもの、あるいは、より自分のやりたい仕事を、よりよい待遇のもとにできるようにしようとするものです。

 

 こういった転職はあまり急ぐ必要はありません。じっくりとリサーチし、ほんとうにここで働きたいと思う企業に出会えたら行動をおこせばいいわけです。積極的な理由だと、転職先の企業でも歓迎してもらえます。よりリスクの高いのは、消極的な理由による転職ではないでしょうか。いまの職場での仕事内容や待遇、人間関係などに不満があり、新しい環境を求めようとして転職を考えるケースです。

 

 この場合には、一刻も早く今の環境を離れたいという気持が強く働いてしまい、ともすれば拙速に動いてしまいがちです。次の仕事が見つかる前に辞めてしまったり、あせるあまりさらに望ましくない職場へと転職してしまったりといったことにつながってしまいます。キャリアは蓄積です。若いうちは何とかなっても、そういった場当たり的な転職が続くと、年をとるにつれてどんどん追いつめられていってしまいます。転職の理由・動機にかかわらず、きちんと自分のキャリアパスを考え、慎重に転職先を考えてから行動するようにしましょう。